超小型立形研削盤 USG-2

展示中

USG-2

非真円形状ワークの
高速・高精度加工を実現

  • 機械間口750mmと省スペース性を極めた立形研削盤
  • 非真円形状ワークの高速・高精度加工にも対応(CL仕様)
  • 天吊ロボットとワークストッカの組み合わせで、コンパクトかつ高生産性を実現

動画

動画サムネイル

仕様

研削可能内径 φ100mm
研削可能外径 ~ φ100mm
研削可能長さ 80mm
主軸の振り φ220mm
取付可能ワーク高さ 230mm(治具含む)
テーブル上積載可能重量 200kg(治具含む)
砥石スピンドル回転数 45,000min-1 or 75,000min-1
標準フロアスペース(W×D) 750mm×3480 mm

特長

高速・高精度のカム加工 CL仕様

当社従来機に比べ推力2.2倍のリニアモータを採用し、カムリングなどの非真円形状ワークのさらなる高速化を達成。低重心・省スペース化により機械間口750mmを実現し、フロアスペース47%を削減しました。専用ソフトにより、CAD・CAMから加工プログラムを容易に作成可能です。

SRS(スマートロボットシステム) オプション

ロボットを機械側面に天吊設置したSRS(スマートロボットシステム)では、ロボット下部のエリアを有効活用。本機のみならず自動化システムにおいても設置エリアの省スペース化を実現しました。SRSは左右どちらにも搭載でき、あらゆる生産ラインに対応します。機械前面の作業エリアも損なわないため、単体機と同等の作業性を確保しています。

このページは会員限定コンテンツがあります。
会員登録をしますと製品カタログを
ダウンロードいただけます。

お問い合わせ

太陽工機の製品・資料請求やサービス、
その他企業活動(IR・採用)についての
お問い合わせはこちらから受け付けています。