高精度への挑戦

高精度への挑戦

技術部 大型機設計課 大型機設計チーム

N.I

2018年入社

ここでしか経験できない技術がある

大学では力学系研究室で、主にレーザーによる積層造形(3Dプリント)について研究しました。就活では、学んだことが活かせる機械設計を中心に候補を探し、その活動中に初めて「研削盤」という工作機械について知り、高精度の加工に引き付けられました。研削盤でも立形を手掛けているのは当社だけで「ここでしか経験できない技術がある」ということが決め手になりました。大学の同じ学科の先輩が当社に勤務しており、仕事内容や環境について聞いたり、相談に乗ってもらえたりしたのも心強かったです。また、本社工場は長岡市にあり、同じ業界の中でも工場が明るく広々とした印象だったことも入社志望を後押ししました。

世界に1台の専用機を設計している

現在は、大型機のカスタム設計を担当しています。営業がお客様と話し合って選択した最適な機種に、ご要望に沿って工具からロボット※1、ストッカー※2まで様々な要素を付加し、そのお客様だけの専用機を設計します。「お客様の要望を漏らさずに組み込むこと」が第一ですが、操作性や予算も踏まえ、最適を提案します。お客様からGOが出れば、製造用設計図をCADで仕上げ、製造現場へ渡します。これまでで印象に残っているのは、海外メーカーの大型ベアリング加工用研削盤でした。普段取り扱わない切削用の器具を特注して組み合わせるという経験に、難しさと同時に大きな手応えを感じました。

※1 ロボット:ワーク(加工対象物)をつかみ、搬送することができるロボットのこと。加工前のワークを研削盤の所定の位置に正しく置くこと、加工が終わったワークを研削盤から取り出すことが可能です。当社では、お客様のワークに合わせてロボットの選定から動作の設計、動作確認まで一貫して行っています。

※2 ストッカー:加工前・加工後のワークをストックしておく装置のこと。自動化システムの導入時にロボット等と組み合わせて利用します。

海外での知名度アップに貢献したい

研削盤と言えば横型が一般的ですが、太陽工機の主力は独自に開発した立形研削盤です。高精度・作業性の良さという大きなメリットのある機械なので、国内はもちろん、海外での知名度をもっと上げていきたいと思います。高精度の部品加工を必要とする製造現場はこれからもって増えていくでしょうから、チャンスは大いにあります。当社は今、海外展開の強化に向けて動き出していますが、設計担当としてそこで力を発揮したいです。海外メーカーとやり取りができるよう、社内の英語研修に参加して英語でのコミュニケーション力アップを目指しています。また、3次元CADや解析ソフトを使いこなせるように勉強するなど、知識の幅を広げています。

あなたへのメッセージ

学生の時には知らないことも多いから、就活では、専門にこだわりすぎず、いろいろな会社を見て視野を広げましょう。

※掲載内容は2020年9月取材当時のものです。